かわじ民夫

河治 たみお
日本共産党横浜市会議員
議会

韓国カジノ問題調査視察報告会

2015年9月17日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 日本共産党横浜市議団は17日、横浜市役所内で韓国カジノ問題調査視察の報告会を開きました。

カジノ調査は8月24~26日、古谷やすひこ、あらき由美子、それに私の3議員と、静岡大学の鳥畑与一教授らで実施したものです。
 韓国にはカジノが17カ所あるとのことですが、唯一韓国人が入れるカジノとなっているカンウォンランド(カンウォンド、ヘジョン村)と同カジノが設立した「ギャンブル依存症管理センター」、それに地域まちづくり団体やソウルの韓国賭博依存症管理センターなどを視察しました。

報告会参加者からは、カジノ依存症の怖さや他のギャンブルについての見解や、客観的な経済効果などについて発言がありました。また、政務活動費を使っての調査であることから、調査結果をどのように使っていくのかなどの質問がありました。

新着記事

PAGE TOP