かわじ民夫

河治 たみお
日本共産党横浜市会議員
駆けある記

2020年度国政予算要望交渉

2019年11月14日

1911151

党神奈川県委員会は志位和夫衆議員(党委員長)を介して毎年、全県の地方議員・運動団体・党事務局で国政予算要望交渉を行っています。
 今回、私は外務・防衛関係で参加しました。

横浜市内には未だに米軍基地が置かれ、防災訓練と称する自衛隊・米軍の軍事訓練が行われたり、米軍艦船の修理が民間会社で行われたりしています。

党市議団が今回要望した主な内容・答弁は以下のとおりです。
①昨年、(幸いにして)池子住宅建設中止になったが、その理由は?
A:米軍は明らかにしてない
②①の住宅中止になったのであるから、地位協定に基づき、直ちに返還すべき。また、現在の空き家数は幾つあるのか。
A:米軍は運用上必要としている。空き家個数は明らかにされてない。
③根岸住宅地区の「日米共同使用」の内容を明らかにしてほしい。
A:現在協議中、3年ほどで協議を完了させたい。
④横浜市内での米艦船の修理は国として拒否すべき。
A:国内法に基づき民間との契約で行われている

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP