かわじ民夫

河治 たみお
日本共産党横浜市会議員
駆けある記

被爆国から核兵器禁止の声を

2019年5月6日

DSCN1210

ニューヨークの国連本部では、2020年に開かれる核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた準備会議が行われています。

2017年の国連会議では「核兵器の開発も、保有も、使用も禁止する核兵器禁止条約が採択されました。条約支持国は国連加盟国の3分の2に広がり、調印国は70か国、批准国は23か国になりました。批准国が50か国以上で条約発効です。早期発効が期待されます。

 ところが、アメリカ、ロシアなど核保有国は、「核兵器は安全の保障」等と言って禁止条約に反対し、新型核兵器まで開発しようとしています。「ヒロシマ・ナガサキ」のような惨害を繰り返してはなりません。地球上から全ての核兵器をなくしましょう。

5月6日、希望が丘駅前で旭区原水協のみなさんと一緒に「核兵器を廃絶」の宣伝・署名活動を行いました。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP