かわじ民夫

河治 たみお
日本共産党横浜市会議員
駆けある記

開港祭での「軍船」展示 入港・公開中止もとめる

2018年5月29日

IMG_7340

いずも横浜市が関与する横浜開港祭実行員会は、6月1日、2日に開催される「横浜開港祭2018」で、海上自衛隊護衛艦「いずも」を横浜港大さん橋で一般公開するとしています。

護衛艦「いずも」は「米軍の後方支援」を口実に、19年度の改修工事実施を目標とする憲法違反の「攻撃型空母」へ改修される予定です。小野寺防衛相は、ステルス戦闘機「F35B」の発着可能性を調査中と公言しています。

日本共産党横浜市議団は、党県委員会、県議団、新日本婦人の会神奈川県本部、神奈川県平和委員会などの市民団体と連名で、「いずも」の横浜港入港・公開に抗議し、中止を求める申し入れを林文子市長宛てに行いました。申し入れには港湾局の伊東局長らが対応しました。

私は党市議団を代表して申し入れに参加し、軍船である「いずも」の入港・公開は、明らかに「世界の恒久平和と、全人類の福祉を切実に念願する」とした横浜市平和都市宣言(1970年12月7日)に矛盾すると指摘し、入港・公開中止を求めました。

港湾局長は、開港祭実行委員会から申請があり、「催事の趣旨に合う」ので許可を出したと説明。さらに、横浜港は、「様々な船を公平に扱っている。今回の祭事で自衛隊の護衛艦だけを拒否はできない」と述べました。

「横浜開港祭」は今年で37回を迎えた歴史と伝統ある行事であり、横浜市外からも多くの方々が訪れるイベントです。このような横浜港の開港を祝う祭で、日本の防衛とは無縁の敵地攻撃を想定した戦艦の入港・公開許可を出すことは、平和都市としての市是に反し、現在北東アジアでおきている平和の流れに逆行するもで、到底認められるものではありません。

新着記事

PAGE TOP