かわじ民夫

河治 たみお
日本共産党横浜市会議員

プロフィール


略歴

1951年新潟県生まれ。県立燕工業高校卒。東洋電機製造(株)に入社。同社相模工場労組職場委員、労働者の解雇撤回闘争などに参加。中希望が丘保育園父母の会会長、旭民主商工会顧問など歴任。横浜市議3期め。

現在、日本共産党横浜西南地区委員会常任委員、党横浜西南地区基地対策責任者、党旭区委員長、あさひ革新懇代表世話人。家族は妻、2男、メダカ。

《対談》かわじ民夫の横顔

「職場の環境改善を」と訴える先輩と同じ生き方を選んで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐伯:こんにちは。きょうはかわじさんのこれまでの党活動や議員活動、決意などをお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

かわじ:よろしくお願いします。

おいたち

佐伯:最初に、子どもの頃の話しを聞かせてください。

かわじ:私は、1951年(昭和26年)に新潟県の農家に生まれました。5人兄妹の4番目です。貧しい家庭でしたが兄妹は仲が良く、みんなで体の弱い両親の手伝をしました。田舎は保守的で、当時は度々停電があり、それが農繁期におきると、父親が「アカがやっているストだ」「アカは国賊だ。盗人より悪者、絶対近寄るな」と言われて育ちました。
 貧しい家庭だったので兄や姉は中学卒業で就職したのですが、私だけは野良仕事を手伝う事を兼ねて工業高校に進学。自転車通学で、冬は積雪も多く大変でした。

佐伯:その後、卒業して直ぐ横浜に就職したのですね?

かわじ:生活苦からくる親の干渉が嫌でした。本家の野良仕事の手伝いも屈辱的でした。干渉されたくない、親元を離れたい、そんな思いが横浜に出てきた大きな理由ですね。

佐伯:18歳での独り立ち、仕事や生活は大変だったんでしょう?

かわじ:1970年、高度経済成長時代の真っただ中でした。大企業に入社でき、同期が400人位いました。「金のたまご」と言われ、製造設計現場に配属され、自分の思いを反映できる職場で楽しかったですよ。まじめに仕事をすれば会社に認めてもらえると思っていました。
 100人位の寮での生活では、新入寮生が20人位。仲間と飲みながら仕事やサークルの話などする中で、社会や政治、職場の矛盾に目覚めていきました。
 寮の食事はまずい、残業時は遅くなり冷めていて最悪。先輩たちの食堂改善要求運動は思いが一致しました。

魅力ある先輩たち、共産党員との出会い

佐伯:充実した寮生活ですね。そういう活動の中で入党したのですか?

かわじ:いや、すぐに入党したわけではないんですよ、「アカはこわい」と思いましたから。
 でも寮生の要求をくみとる先輩は、政治や社会の事をよく知っていて魅力に感じました。
 寮の先輩から入党を呼びかけられた時には「親にも言われていたし、差別されるような事はやれない」と思って断りました。
東洋電機(株)入社当時 1972年の総選挙は共産党が14から41議席に大躍進。仲間が一人、またひとりと入党し、私が最後に残りました。
 職場では共産党の影響力が広がる中で反共攻撃が強くなり、配置転換が次々と起こりました。配転を強要されている先輩は、仕事もでき周りからも慕われ尊敬できる人たちでした。「こんなことはおかしい。先輩を応援しよう」との思いで呼びかけにこたえ入党を決意しました。
 入党してからは組合活動にも参加しました。職場の党支部は公然化し、「職場の環境改善」等の門前ビラまきを始めました。すると職制が門前に立ち労働者を威圧し、ゴミ箱を置きました。党の仲間は出張等で職場を離れがちで、ある日、門前ビラをやる人がいなくなり、非公然だった私が一人で門前に立ちビラまきしたこともありました。(写真:東洋電機(株)入社当時)

佐伯:かわじさんも飛ばされたんですか?

かわじ:78年11月、京都工場へ職場の再配置がありました。その前夜、地区委員会から「赤旗分局」になるよう要請です。「親にも心配かけたくない、共産党の仕事に責任を負えない、専従にはとてもなれない」と、断っていたのですが、強い要請を受け、悩みに悩んだ末、専従を決意しました。

佐伯:そうですか、今ご両親は何と言っていますか?

かわじ:今は亡き両親は、まじめな人で子どもの幸せだけを願っていた人です。しかし、社会の矛盾の本質も、それをただそうとしている共産党の活動は理解できないひとでした。今は天国から私を見守っていると思います。

地元の要求を力に、市長に迫る

佐伯:ところで、市会議員として印象的だった事は何ですか?

かわじ:南希望が丘の地域ケアプラザが運動で実現した時はうれしかったですね。
 当時の中田市長が「施設整備のための土地は買わない」としていたものを、運動で覆して実現しました。署名用紙を増し刷りし協力してくれたお医者さんもいて要求署名が次々広がりました。区役所・市役所へ何回も署名を届けて運動の状況を報告しながら折衝し、ついに予算がついた時には嬉しかったですね。
 今は地域のみなさんに大変よろこんでもらっています。

佐伯:議員活動で大変な事は何ですか?

四季の森公園にて息子2人とかわじ:なんと言っても議会では正論でも少数派の意見は通らないという悔しさですね。今でもそうですが、日本共産党を介して市民から「中学校給食の実施を求める」ものや「子どもの医療費無料制度の拡充を求める」様々な請願が議会によせられます。「学童保育の制度改善を求める」何十万筆の請願書名も議会では否決されます。本当に悔しいですね。市民の願いを拒んでいる議会の実態を多くの人に知らせる事と、市民の要求を実現する議員を多数派にする事が大事ですね。(写真:四季の森公園にて息子2人と)

佐伯:そうですね。必ず市民の声が届く議会にして下さい。今日はありがとうございました。

かわじ:がんばります。

「こんにちはかわじ民夫です」2015年特別(春)号より

新着記事

PAGE TOP